本文へスキップ

低炭素・廃棄物循環研究センターは岡山大学で廃棄物の研究をする組織です。

岡山大学大学院環境生命科学研究科付属

低炭素・廃棄物循環研究センター

TOPICS

トピックスリスト

     

見たいトピックスをクリックしてください。


研究トピックス

最近の研究紹介

藤原健史教授

最近の研究室の3つの取り組みについて紹介します。

低炭素社会に向けた地域の廃棄物物質循環に関する研究
Regional waste material recycling towards low carbon society

廃棄物マネジメントにおいて衛生的なごみ処理は基本であり、さらに温室効果ガスを減らすために 「廃棄物から物質に」や「廃棄物からエネルギーに」が求められています。ごみの発生源分別、分別収集、 最適ごみ輸送、エネルギー回収、安全な最終処分といった廃棄物のプロセスは、環境負荷を減らすように 適正に組み合わせることが必要です。研究室では、アジアの持続可能な地域社会に適した廃棄物マネジメント の設計手法について研究しています。

Sanitary waste treatment is a fundamental in solid waste management, moreover, “From waste to material” and “From waste to energy” are required to mitigate green house gases emission. Solid waste processes, such as waste separation at source, segregated waste collection, optimal waste transportation, material and energy recovery treatment, and safe landfill disposal, should be combined appropriately so as to shorten the environmental burden. Our laboratory studies on sophisticated designing methods to establish a solid waste management that is suitable for sustainable regional society, specially in Asia.


Fig.1 岡山市のごみ組成調査
Waste characterization tests in Okayama city

大学キャンパスにおける廃棄物系バイオマスのリサイクルの評価に関する研究
Evaluation of the biomass waste recycling in university campus

カーボンニュートラルの観点から、バイオマス由来の廃棄物は健全な循環型社会のために もっと利用されるべきです。大学キャンパスで、異なる季節に発生する厨芥ごみ、刈り草、 落ち葉、剪定枝、農場残さ、動物糞などの多彩なバイオマスの性質を考え、当研究室は 効果的な廃棄物系バイオマスのリサイクル方法について研究をしています。

From view point of carbon neutral, biomass waste should be more utilized in a sound material-cycle society. Considering characteristics of various kinds of solid waste generated in our campus, such as kitchen waste, mowed grass, dead leaves, pruned branches, agriculture waste, animal dung in different seasons, our laboratory researches on effective biomass waste recycling methods.


Fig.2 コンポスト製造のために多種類の廃棄物系バイオマスの混合
Mixing kinds of biomass waste for composting

災害廃棄物マネジメント訓練システムの開発
Development of a disaster waste management training system

日本は、地震、地滑り、津波、洪水など多くの自然災害リスクにさらされています。東日本大震災のように、 いったん大きな自然災害が来ると、非常に多くの災害廃棄物が短時間に発生します。そのような被害から早く 復旧するためには、地方自治体による災害廃棄物処理の初期対処行動が非常に重要です。そのため、当研究室 では行動の知識ベースを構築し、地方自治体を対象とした訓練支援システムを開発しています。

Japan is exposed by many risks of natural disasters such as earthquake, land sliding, tsunami, flooding and so on. Once a big natural disaster comes like the Great East Japan Earthquake, a huge amount of disaster waste generates in a short period. In order to recover the town from the damage speedy, initial countermeasure actions for disaster waste treatment by local government are quite important. Therefore, our laboratory is constructing a knowledge base of the actions and also developing a training support system for the local government.


Fig.3 2011年岩手県の災害廃棄物
Disaster waste in Iwate prefecture


川本克也教授

最近の研究室の3つの取り組みについて紹介します。

 
環境と化学物質
Assessing the fate of chemicals in the environment and engineered processes

自然環境中で化学物質が関わるさまざまな過程の特質や機構について探ります。例えば、廃棄物焼却排ガス とともに大気へ排出された物質は降雨や粒子の沈降などとともに水環境や土壌環境に移動し、さらに変化を 受けます。そこでは固体への物質の吸着が生じ、また微生物による物質の分解も起こります。これらの過程 や浄化技術等に取り組みます。

Concentration changes and dynamics of environmental chemicals are predicted and evaluated based on partition equilibrium properties of chemical compounds and their conversion/degradation kinetics. The target compounds are organohalogen compounds, PAHs, and other emerging pollutants. The target engineering processes include water treatment and gas cleaning, and solid/liquid waste treatment in such environmental media as water, air, soil, and sediment.

Mass balance equation of MTBE in Boston urban air:

環境保全・調和のための技術開発
Safe and appropriate disposal treatment of waste water, flue gas, and solid/liquid waste, and developing further technology for recovering materials/energy from waste

汚染物質を除去する技術、そして資源の再生やエネルギーの回収が同時に行える技術の開発を目指しています。 廃棄物を処理するとともに社会に生かすための技術は、循環型社会・持続型社会の形成に必須です。このような技術開発に取り組みます。
Various exhausts, such as wastewater, flue gas, and other anthropogenic waste emissions should be appropriately and safely disposed. Currently, material and energy recovery is highly desired in the context of establishing a sound material recycling society.

Biomass gasification and reforming

Because energy recovery from waste treatment plays a key role in eliminating fossil fuel use and GHG emissions, research and development corresponding to the type and properties of waste are performed. Safety assessments of the systems are also conducted.


松井康弘准教授

最近の研究室の3つの取り組みについて紹介します。

作成中

活動トピックス

講演・イベント関連

  • 2018年6月10日 藤原教授、川本教授、松井准教授 岡山大学公開講座で講師

報道関係

  • 2017年6月号 「市民の広場」 市民イベント案内掲載

バナースペース

低炭素・廃棄物循環研究センター

〒700-8530
岡山市北区津島中3-1-1

TEL 086-251-8911
FAX 086-251-8911